■2020年5月に観た映画

■2020年5月に観た映画

46本 (見直した作品を含む)

 

グレムリン (原題:Gremlins) - 3.3/5.0 (U-NEXT/2020.5.31)

監督:ジョー・ダンテ1984年。「映画館が燃える映画」という事でチェック。実家にはグレムリンのぬいぐるみがあったくらいなので、世間的には大ヒットしていたのは間違いないのですが、改めてきちんと見るとまあ酷い。ストーリー的にも表現的にもずさんな表現のオンパレード。つまらなかった。ひどい。が、不思議と憎めないひどさで、2も見たいなと思いながら最後はPCを閉じたという。グレムリンのキャラクター自体はかわいい。

 

・ウォールフラワー (原題:The Perks of Being a Wallflower) - 3.6/5.0 (U-NEXT/2020.5.30)

監督 脚本:スティーヴン・チョボスキー。2013年。原作がヒットしたが映画化は難航しており主演のエマワトソンの熱烈なアピールにより実現した(ほんとか?)との事。高校生になったばかりのカースト最下位、コミュニケーションもうまくない主人公のチャーリー(ローガン・ラーマン)が自由な友人たちと出会った事で変わっていく様を描いた。よくある外国の学園青春ものまっしぐらの内容だったのですが、後半あたりから徐々に不穏な描写が増え、チャーリーの過去のトラウマ的な出来事がフラッシュバックしながら様子が変わっていくのは強烈なフックになっており、集中力を切らさずに最後まで見る事が出来た。いろんなしがらみを乗り越えて最後は先輩である友人たちを送り出し立派に残りの学園生活、または人生を過ごしていけそうなチャーリーに安心。面白かった。

 

・ヘイトフル エイト (原題:The Hateful Eight) - 3.6/5.0 (Blu-ray/2020.5.30)

クエンティン・タランティーノ第8回監督作品(デカデカと冒頭のクレジットでこう出て来ますw)。2016年。毎週のお楽しみとなっているタランティーノ作品。長い。会話活劇みたいなのは十八番だし面白いのは分かるんですが、個人的には何だか"らしくないな"という感想になってしまった。もちろん、脚本というか一瞬一瞬は面白いには面白いが..."そうじゃない"感が終始ぬぐい切れなかった。サスペンス、どんでん返し的な面白みらしいのですがそんなに意外性のある事もなかったし、中盤から突然サミュエルLジャクソンが推理みたいな事を初めてそれぞれが勝手に自白していってバンバンバン的な殺しになって...うーん。いまいち。70mmの撮影なのに密室なのもよく分からない。冒頭の馬車に乗っていくシーンが一番面白かった。

 

BatMan - 3.6/5.0 (Blu-ray/2020.5.29)

監督:ティム・バートン。1989年。バットマンシリーズを見るつもりでまずは1作目を。思っていたよりもつまらなく話自体盛り上がりに欠けるなーと思いながら終始鑑賞。ジョーカーはこの作品ではジャックニコルソンが演じた。気味が悪いくらいハマっているとかそういった類の評を見ていたので楽しみにしていたがこちらも最後の方まであんまりな印象。ラスト死に際はすさまじく、もっと実写と絵?と混ぜたような劇描写があっても良かったのになあと思った。最終的にはジャックニコルソンがかっこよかった。「ダークナイト」までの道のりは長い。

 

・ニュー シネマ パラダイス (原題:Nuovo Cinema Paradiso) - 4.0/5.0 (109シネマズ名古屋/2020.5.29)

監督脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ。1989年。イタリア・フランス作品。映画監督の主人公トトの人生を映写技師のアルフレッドとの友情を軸に、映画へのめり込んでいく幼年期、恋愛模様を描いた青年期、街を出て映画監督になった中年期の3つに分けて描いた。人生の方向性を決めたであろう存在の"映画館"と"アルフレッド"が最初から最後まで秀逸に物語の中に折り込まれており、ラストまでしっかりと根付く伏線(というか何というかもう"存在")は見事。雄大さすら感じる。ラストのシーンに賛否があったり、映写の描写こ細部に映画オタクが憤慨しているらしいですが、個人的にはどっちでもいいかな。そういう主題じゃないしという感じ。ラストシーンも遺されたフィルムを再生すると同時に二人の思い出、今生の別れがえぐる様に描かれる。フィルムに対する善悪はあるだろうが二人の関係性を描くためには関係がないからこれでいいと思う。"イングロリアスバスターズだ!"と思った(2008年)。

 

・デヴィッド リンチ:アートライフ - 3.5/5.0 (U-NEXT/2020.5.28)

デヴィッド・リンチ監督の幼少期から「イレイザーヘッド」製作までを本人のインタビュー、そして貼り付けアート的なものと共に振り返るインタビュードキュメンタリー回想映画。2018年。デヴィッド・リンチが如何にして芸術に目覚めていったかが分かる内容だった。本人のインタビューは貴重だし、当時の映像や自主制作作品の断片なども見る事が出来て良かった。家庭環境は(ここで語る分には)そんなに変じゃないのにとても変な作家が生まれてしまった運命の様なものを感じる。デヴィッド・リンチはいつでも一貫した芸術の方向性があるので好きだ。

 

・哭声 コクソン (原題:곡성) - 3.6/5.0 (U-NEXT/2020.5.27)

監督:ナ・ホンジン。2017年。次々と家族内殺人が起こる村、主人公の警察官が事件の真相を追うが自分の家族も事件に巻き込まれていってしまい...というストーリー。プラス宗教チックなテイスト。と言った感じか。あまりハマらなかった。悪魔役を國村隼が怪演。テンポ良く、構成も練られていたしドキドキを保ったまま最後まで見る事が一応は出来た。が、オチに解決感が一切無いし、ホラーなのかスプラッターなのかサスペンスなのかゾンビなのかどう見せたいのかがイマイチ分からないミクスチャー感で微妙。そして何より長い。この尺見て結末コレ?と思ってしまうのは仕方ないのでは。監督は"たった1つの解釈を定義する作品ではありません。観客が整理して完成させる映画なのです"と言っているようだが、悪?とするものの正体がぼんやりとし過ぎてて腑に落ちないし、もう少し納得というか考察いくラインを示してくれている方が好みだった。というか、謎にしとく程の話か?その必要性は?各人の演技は良かった。

 

悪魔のいけにえ (原題:The Texas Chain Saw Massacre) - 3.8/5.0 (U-NEXT/2020.5.26)

トビー・フーパー、商業(?)映画初監督作品。1975年。"「真に迫った殺人の描写やそのプロットは後に数多くのフォロワーを生み、マスターフィルムがその描写の芸術性のためにニューヨーク近代美術館に永久保存されることとなった。」という伝説的なホラー映画。"だそうです。基本的に漫☆画太郎だった。漫☆画太郎すぎた。スプラッターホラーってもっと多く人が文字通り次々と殺されていくイメージなのですが、「2000人の狂人」とかこれとか、そんなに数殺されなくてそんなもんなんだなーと。中盤から終盤にかけて一番かわいい子が一人追い掛け回されてなかなか殺されなくて、捕まってからもそんなに恐怖シーンが無くダレるなーと思っていたらラストが痛快で面白かった。終わりよければ全て良し的なところが実際、ある。

 

・ロスト ハイウェイ - 3.6/5.0 (U-NEXT/2020.5.26)

監督:デヴィッド・リンチ。1997年。直近に観た「マルホランドドライブ」と近い構成の作品だがこちらの方が5年先。先だからか「マルホランド~」よりも分かりにくく、モヤっとした印象(そもそもリンチ作品自体がモヤっとしているが)。こちらの方が性描写が多く、奇怪描写やナニコレwと笑えて来るところが少なくなっている。そこがリンチ作品の好きな所でもあるのでいまいちハマり切れなかった。性描写されても主演(男女ともに)の顔が「マルホランド~」の方が好みなのもあり何ともアガらず。安全運転講習は面白かった。自分も夢をよく見る方なのでほんとにそのまま夢を映画にしまくってる人だよなあと思う。比べる必要性は無いのかもしれないがどうしても構造が似ているし、先に観ている分ディテール部含め、全体的にちょっと劣ってる感はいなめなかった。小人出てこないし。

 

・マルホランド ドライブ (原題:Mulholland Dr.) - 3.9/5.0 (DVD/2020.5.25)

監督:デヴィッド・リンチ。2002年。リンチ作品の中でも難解とされている作品。とりあえず1回見た感想は"わかんない"。確かに、わかんない。わかんないというか、繋がらない。もちろん場面場面の描写や表現が読解できない訳ではなくて、繋がっていかない。時系列はもちろん、この今観ている画面は妄想なのか現実なのか過去の事なのか、または夢の中の話なのか、名前も"あれ?この人〇〇じゃなかったっけ?的"によく分からなくなってくる。残り1時間切るくらいの辺りで"今まで見ていたのはナオミワッツ演じる主人公の夢の話だったんだな"という事は分かる。その後も"あ!これは!?"というヒントになるシーンが散りばめられているがなかなか繋がっていかない。もう1度くらい見たら分かると思う。ただ、それでも大筋のストーリーは把握できるのでその珍妙さと奇怪さ、奇抜さのバランスの取り方がすごいなーと感じた。それでもって鮮烈な描写が続くのはすごい。し、何がって、こんなイカれた内容なのに別に"普通の映画ですよ"って顔を127分間ずっと平気でしてるのがすごい。すごいぞ、リンチ。

 

ジャンゴ 繋がれざる者 (原題:Django Unchained) - 3.9/5.0 (Blu-ray/2020.5.24)

監督:クエンティン・タランティーノ。2012年。全作「イングロリアス~」から内容は違うが地続きの様な作品だと感じる。"史実にもしもがあったなら"シリーズ。これはもうタランティーノの共通項かもしれませんが重大な話をシリアス一辺倒にならずに(なんなら比重を軽めに)でもしっかりと痛烈に意思表明をしつつ尚且つパフォーマンスとしても楽しく2時間30分をあっという間に感じさせられるのがすごすぎる。作品の尺が長すぎるというのは否めないがそれでもそれを余りある形でいつも返してくれる。今作は、印の様な長い駄話セクションはあまり無し。スカっと度で言うと前作の方が上回ったのでこの点数。

 

・Lady Bird (原題) 4.0/5.0 (Blu-ray/2020.5.23)

グレタ・ガーウィグ監督脚本作品。2018年。シンプルにとても良かった。淡々と出来事を一つずつ丁寧に描いているし、それがきちんと全て綺麗につながっているし、整った作品だなと思う。話も途中からだんだんと親目線というか、親を介してレディバードを見つめるような視点になりラストはグウゥ..となってしまった。非常に切なくも胸を打つ物語。レディバードの様に、親との不仲とか(そこまではいかなくてもバランス取れない瞬間とか)は誰しもが経験あるし、悪い事とか嘘とか、流されてしまうティーンのイタさが痛いほどに真っすぐ描かれていた。真っ当に大人になった人ならば誰もが理解してあげられることができる内容だろう。良かった。女優、グレタ・ガーウィグ作品という事で何故に彼女が監督することになったのかは調べておりませんが、普通にかなり良かったし監督としての才気ほとばしっておるので今後が楽しみだ(なと思い調べてみたら次作が「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」でもう納得。)。今作は自伝的なものだしそりゃ本人が撮ったら良いだろとは思うので他作品になるとどうなるのかも楽しみ。

 

・名探偵ピカチュウ - 3.3/5.0 (TV地上波ノーカット/2020.5.22)

監督:ロブ・レターマン。2019年。世代でありながらポケモンへの思い入れも知識も全くない状態で見たら映像がキレイな事と、ピカチュウが可愛いという事、作者のポケモン愛を感じた、くらいしか感想がなかった。"ポケモンと共存する世界があったら...(まさにゲームの世界観の話なのですが)"という面で見ると、背景や人々とポケモン達との融合具合はファンタジーで見ると非常にワクワクした。ポケモン達を見た時は"ピカチュウふさふさやんww"と草を生やしたくなったが、映画の経過と共になんの疑問も無くフサフサな事にしっくり来ている事に気付く。これって何気にすごい事じゃないですかね。ストーリー的にはつっこみどころ満載だし、ピカチュウと主人公ティムのバディ感も足りなかったし(もっとここでグイグイ引っ張ってってくれるように構成していってくれれば面白かったのに)、微妙だったけれど子供向けの作品メーカーであるロブ・レターマン的には勿論ターゲットは子供だろうしこれくらいがいいのかも。エンドロールからもポケモン愛が感じられて良かった。

 

・Blue Velvet (原題) - 3.7/5.0(U-NEXT/2020.5.22)

監督:デヴィッド・リンチ。1986年。デニス・ホッパーが狂ったボスを怪演。直前に観た「イレイザーヘッド」的な要素を少なからず期待してというか、構えて観たので少し拍子抜け。かなり分かり易くストレートな話で"ほんとに同じ人が作ったのか?"と言いたくはなった。所々に不穏なというか、意味あり気なカットが挟まれては来るものの"とりあえず入れました感"があり、やはりもっと振り切れたものを期待してしまった。クローゼットで見つかったと思いきやいきなり脱がされた所までは良かった。話自体もそんなにではあるがきちんと最後まで引き付ける画面は映像だったり音楽、仕掛け、の組み合わせ、バランスの良さなんだと思う。内容も普通に面白かった。メロドラマとサスペンスの謎の融合が笑えた。

 

イレイザーヘッド - 3.8/5.0 (U-NEXT/2020.5.21)

デヴィッド・リンチ監督初長編作品。1978年。所謂"カルト"作品の元祖。見たい見たいと思っていたデヴィッドリンチ作品ようやく初体験。が、これはある程度彼の作品を観てからの方が良かったのかなと。内容の辻褄とかそういう世界観ではないのは当たり前で、監督の実体験を元にした悪夢をそのまま作品にしたという形らしい。もちろん全然この1本だけで映像から音楽から感じる情念がすごく、"すげー!"と思いながら終始観ていたのですが、他の作品に触れてデヴィッドリンチという作家がどういったパーソナルかを理解した上で彼の悪夢を覗き見させてもらった方がよりよくこの映像自体を感じる事が出来たのかなと思ったのである程度観てからまた観てみようと思う(感想変わんないだろ!w)。めちゃくちゃなのにスマート、かなりクレバーに感じる。

 

・ゾンビ/米国劇場公開版 - 4.1/5.0 (U-NEXT/2020.5.20)

ジョージ・A・ロメロ監督作品。1978年。「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」から10年後。メロメ監督ゾンビシリーズ第2弾にして超碑的作品。「ナイト~」の後にはメロドラマやコメディ、感染モノ、吸血鬼モノなど作っていたようですがこの「ゾンビ」で完全に1つ"ゾンビモノ"を完成させたと言える。とにかく圧倒的な量のゾンビ(絶望感)、血しぶきの吹き飛び方(絵具みたいなやつだけど)、殺され方のバリエーション、仲間が次々と死んでいく追い詰められ方、などとにかく細かな設定が全部ハマっている。舞台がショッピングセンターだったり、コメディ的な描写、コミカルなBGMだったりと"怖い"のみの方向性で振り切りらない。ショッピングセンターを制圧した後に生身の"人間"が攻めて来てどうなるのかなと思いきや人間でもゾンビでも関係なく殺していく所と、若干長いなと思った事だけが少し気になったけれど非常に面白かった。死ぬ瞬間のゾンビたちにも表情があってイイ。

 

メランコリア - 3.2/5.0 (U-NEXT/2020.5.19)
ラース・フォン・トリアー監督作品。2011年。フォントリアー鬱三部作の2作目。主演はキルスティンダンスト、監督作品にはもはや説明不要シャルロットゲンズブール。2部構成からなる本作は、1部が鬱病発症寸前の妹(キルスティンダンスト)の結婚パーティでの事件、2部が惑星衝突の不安にうろたえる姉(シャルロットゲンズブール)とその家族の終末の話からなる。1部でうろたえるのは妹/見守る姉、2部でうろたえるのは姉/見守る妹。と状況の変化で立場が逆転してしまう(精神的な理由に依る)様子を描いた。そもそも監督の鬱病治療で得たものを描こうとしているらしいのですが、観ているこちらからすると"へ~そうなんだ、大変だ"くらいにしか捉える事が出来ず、いまいち乗り切れなかった。一発でラースフォントリアーだと分かる画はさすが。

 

家族ゲーム - 3.9/5.0 (U-NEXT/2020.5.19)

監督:森田芳光。代表作。1983年。松田優作主演。とある団地暮らしのよくある家庭、成績の良くない次男に困った両親は家庭教師・吉本(松田優作)をつける。次男の学校生活をメインに"家族"をテーマにそれぞれの行き違いを描いていく。84年「逆噴射家族」(に比べると今作の方が上品な作品だが)でもそうだが、この時代"家族"に対して皆がぼんやりとした不安や歯がゆさ、居心地の悪さというものを感じていたのかもしれない。私は80年代後半生まれなので自分が物心付く前、バブル崩壊に向かっていく中の不安や不安定さと共に今作の様なものを世間は感じていたのかなと思う。BGMの無い画面、松田優作の不気味な演技や、有名な横一線の食卓シーン、ラストの受け取り方、様々かなり余白のある演出がされており、鑑賞した人それぞれで受け止めてくださいねという趣旨。表現が適切かどうか分からないが、アート寄りに感じる。登場人物のキャラクターも実はかなり丁寧に説明描写(言葉ではされていない)されていてきちんと見やすい一作。

 

・青い春 - 3.7/5.0 (U-NEXT/2020.5.18)

監督:豊田利晃。2002年。松本大洋原作の漫画を松田龍平主演で映画化。高校新3年生になる主人公・九條と仲間たちの思春期から大人へと歩まなければならない時期故の葛藤、"何かになりたい""何かを成し遂げたい""やばい事をしてやりたい"と若き男子ならば通るであろうティーン時代の葛藤をヤンキー(ちょっと違うかも)達の生活の中で描いた。自分はそんなタイプの高校生ではなかったが、誰しもが共感する心の揺れ動きはあると思う。"手すりゲーム"に挑戦することできっと何かになれるのではないだろうかという、何処にもそして自分自身にもぶつけられない気持ちをどこに向かわせるでもなく屋上で消化する登場人物。痛い、痛烈に刺さる気持ちがある。ミッシェルガンエレファントの曲と共にヒリヒリを描かれる物語はラストまで含め、非常に切なかった。みんな弱いんだな。曲の音がデカすぎて不快だったり(演出だが)、中盤までかなりダルかったり、バイオレンスはしっかり描くべき作品なのにヌルヌルの描写だったりとか、大丈夫かコレ、と思いながら見ていたがラストに向かっていくまでの刹那感は良く、最終的には何だかんだまあ概ね良かった。

 

マッドマックス 怒りのデス・ロード (原題:Mad Max: Fury Road) - 3.9/5.0 (U-NEXT/2020.5.17)
監督:ジョージミラー。"マッドマックスシリーズ"第4弾。2015年。前作から30年。映像技術はじめ様々なものが全くの別ものになった状態でのマッドマックスは、CG合成も交えたカーアクションを駆使しスタント、バイオレンス描写が過激に帰ってきた。ぬるいぬるい「サンダードーム」を経て、これでもかと原点回帰。セリフがそもそもあまり無く無声映画としても成立するほどの画面の説得力を持つマッドマックスは、やはりこうでなくちゃと言わんばかり。謎なギタリストだったり、なぜマックスはこれをやっているの?とか結構たくさん疑問点は出て来ますが、そういう事は置いといて楽しむものだろうという事にしながら鑑賞。個人的な趣味と兼ね合わせてシリーズ全体の点数をつけた。(1が一番好き)

 

イングロリアス・バスターズ(原題:Inglourious Basterds) - 4.0/5.0 (U-NEXT/2020.5.16)

監督:クエンティン・タランティーノ。2009年。ブラットピット主演、第二次世界大戦の"もしも話"。後の「ワンスアポンアタイム~」でも使用された"史実にもしもがあったなら"手法はここから。史実上圧倒的な悪役として描かれ続けるナチス(またはヒトラー)を叩きのめす、シンプルな内容。歴史モノにも戦争モノにもシリアスにもならずに、2時間30分をあっという間に駆け抜けてしまう仕掛けやユーモアはさすがのタランティーノユダヤ側がナチスの制服を着て酒場で会話する長尺シーンは誰が誰だか混乱しそうにもなったが、それが今回のミソでもあり"ナチの制服を脱いだらお前は誰だか分んないし、ナチの制服はかっこいいよなあ"という最上級の皮肉なのである。所々気になる点もあったが、ユダヤナチスへの想いはラストの映画館が燃える一連のシーンで痛快なほどに伝わる。立ち上る白煙の中に浮かび上がるショシャナ(メラニー・ロラン)の笑みに戦慄。タランティーノは素晴らしいストーリーテラー

 

・MAD MAX Beyond Thunderdome (原題) - 2.7/5.0 (U-NEXT/2020.5.15)

監督:ジョージミラー。"マッドマックスシリーズ"第3弾。1985年。主人公マックスは変わらず、メル・ギブソン版のラスト作。これまでのプロデューサー、バイロンケネディと音楽担当のブライアン・メイが相次いで急死した事もあり製作陣に変化が。エンドロール後には「バイロンに捧ぐ」とのテロップ。元々あまり評判が良くない今作、実際観てみても掴み処が無い、緊張感に欠ける、謎のストーリー展開を見せる、となかなかの出来。話自体がまず辻褄があってないし、シリーズ物なのに登場人物の一貫性の無さも気になる。"子供が出て来てみんなで乗り越えていくストーリーなんていいんじゃないか"の構想と、いろんな物が上手く纏まらずにアクションもバイオレンスも全てが中途半端になってしまった印象。どのキャラクターも間抜けに死んでいくので"これは「ホームアローン」か?"と最後の方なってしまった(ネット検索すると同じ事書いている人がいた、そりゃそうだ)。次はいよいよ『怒りのデスロード』どこまで巻き返すのか楽しみ。

 

・ショーン オブ ザ デッド - 3.8/5.0 (DVD/2020.5.14)

監督:エドガーライト。2004年。ロメロ「ゾンビ」を主とした名作ゾンビ・ホラー映画への細かすぎるオマージュが散りばめられたゾンビコメディ。冒頭から中盤にかけて多用される場面転換用の高速カットが好き。異様なテンションのままつっ走ってくれるのかと思いきや、中盤以降若干のペースダウンが否めない(それでも面白いんですが!)。ラストは外に出たら警察に取り囲まれ、ゾンビかそうでないか分からないまま殺されてしまう展開(「ナイトオブザリビングデッド」オマージュ)なのかなと思いきや、"ゾンビと共存しながら生きていく"という意味では本家「ゾンビ」でロメロが描いたゾンビとの共存をしっかりと描いている。サイモン・ペッグニック・フロストのバディ映画としても最高。違う作品も見てみたい。

 

・MAD MAX 2 - 3.7/5.0 (U-NEXT/2020.5.14)

監督:ジョージミラー。"マッドマックスシリーズ"第2弾。1981年。主人公マックスは変わらず、1の後日談的な内容。戦争の果てに荒れ果てた世界、ガソリンを求め狂う人々の争い。基本的には"同じ様な感じ"というのが的確か。2のが断然面白い!的な意見をよく目にしたが、別に変わんない。何ならアクションシーンだけをとって観たら1に負けてる気が。"これどうやって撮ったの?"と思う様な撮影の技術的な驚きとか、よりリアルに見せるスタント陣の熱演は確かにこちらの方が優っているが、撮影しながらどんどんヒートアップした結果ヤバい映像になったのは、1では無いのかなとも思う。もちろんどちらもすごいのだが。1、2通して好きなのは1の最初の一連のカーアクションシーン。エネルギーが違う。でも映画としてまとまって良い作品になっているのはこちらの様な気もするので加点。

 

・MAD MAX - 3.6/5.0 (U-NEXT/2020.5.13)

監督:ジョージミラー。デビュー作且つ"マッドマックスシリーズ"の原点。1979年。警察への恨みで報復行為に走る暴走族vs主人公マックスとの闘いを圧倒的なカーアクションシーンとバイオレンス描写で描いた。79年の作品、低予算、を500周くらいカバーする熱量高い画面に気合の入ったカーアクションシーン。後に続いていくシリーズが伝説的になっていくのも頷ける初作。ただ、もっとマックスが劇的に悪者を退治しまくって"どっちが悪者なんだ!"ってなるのかなと思っていたのでそこは拍子抜け。マックス自身が手を下すシーンもあまりなく、それに引っ張られてか後半のテンポの悪さが気になった。ラストの足or爆発の選択肢はマックスの心情バリバリの名シーン。

 

・ユージュアル サスペクツ - 3.9/5.0 (DVD/2020.512)

監督:ブライアン・シンガー。1996年。不屈のサスペンス名作として知られる。事前に"大どんでん返しが~"なんて聞いていたもんだから構えて観てしまったのが良くなかったのか、"お~こんなもんね"という印象で終わってしまった。もちろん、最後の種明かしでクイヤンが壁の諸々を見てハッとするシーンは一旦途切れた緊張が再び一瞬でピークに達するカタルシス的なものを感じたし、カイザー・ソゼは誰なんだというドキドキもあったし、最後驚きはありましたが、ホックニーが撃ち殺されたタイミングで"あ~犯人はバーバルかな"とか、"キートンをソゼにするのは無理があるでしょ"と思って観ていたのであまり驚きは無し。冒頭の面通しのシーンはシリアスな内容とは反対的な位置にあるがだからこそ作品を印象付ける名シーンだと思う。脚本の巧妙さや、張り巡らされた伏線の回収の爽快感は素晴らしい!リアルタイムで見たら興奮したかも。

 

マンダレイ - 3.4/5.0 (DVD/2020.5.11)

ラースフォントリアー監督作品。2005年。「ドッグヴィル」続編という事で鑑賞。主人公がわがまま奔放娘グレースという事以外は別に続編という立ち位置にしなくてもいいのになという内容。前作がフォントリアー節全開な内容だったが今作はアメリカの人種差別に踏み込んだ内容で"うーん、あなたに期待してるのはそういう事じゃないんだけどなあ"と。もちろんこれまでもそういった表現はあったが大きく主題に置かれてもなあという感じ。相変わらず"良かれと思って行った行為が真逆の作用を起こし大惨事になる"という酷なスタイルは健在。また、性表現⇒子供の死⇒主人公自ら殺人を侵す、を連続してものの数分(映画の中では1日くらい経っているが)で描き、観客を煽っていく姿はいつもの嫌あな感じ。それでもラースフォントリアー作品を観たくなるのは、きっと強烈かつ分かり易い表現やフック、ある意味ファンタジーに近いような精神的にキツイ描写があったりするからこそ自分の生きている感覚と対峙出来るから気持ちいいと思うのだが今回それもなくあまりなく微妙だった。「ドッグヴィル」だけ見れば十分。

 

トレインスポッティング - 3.9/5.0 (U-NEXT/2020.5.11)
監督:ダニー・ボイル。1996年。就職がダメでも女性関係がダメでも赤ちゃんが餓死してもヤクは切らさないぜ!という映画(超訳)。主人公はラストでまっとうな人生を歩き出したつもりなのだが、劇中で何度も発言されていた「これで最後」というセリフが付いて回り、結局また同じような事になって命の危険にさらされたり自らの体を痛めつけたり他者を気付けたりしていくんだろうなとしか思えず、何ともなオチ。もちろんそれがこの映画の刹那的な魅力だとは思うが個人的にはイマイチ。印象的なシーンが多く、魅せ方や物語自体は非常に良いとは思うが、話自体好みかと言われると微妙なのでこの点数。

 

・ザ ロイヤル テネンバウムズ - 3.5/5.0 (U-NEXT/2020.5.10)
監督:ウェス・アンダーソン。2002年。「天才マックスの世界」(未見)の次、「ライフアクアティック」の前にあたる今作。ウェスアンダーソン印な映像美は健在で映像だけでも非常に楽しめる作品ではあるが、話が散らかりすぎ。どの作品を見ても割とストーリーは散らかってて集中して見てないと分かりづらい監督だなという印象は以前からあったがこの作品は特に散らかってるなあという感想。あまり入り込めなかった。登場人物のファニーさや雰囲気はいつも通り豊かで良いものだし映像も話のネタ自体も良いしで満足度はあるのだがいかんせんストーリーが面白くない。珍しく散らかりきったなという印象。

・レオン(完全版) - 3.6/5.0 (Blu-ray/2020.5.10)
監督:リュック・ベッソン。1994年。名作と言われているものの1つだがあまりピンと来ず。話や映像自体は非常に見やすく丁寧に作られていて、感動するし飽きたりとかもすることなく最後まで見れるのですが、それだけ。麻薬捜査官の一人があんなに人を殺したり大暴れ出来るの?とまずそこから気になってしまって、登場人物の行動にもどうにも都合のいい展開が多すぎて心情としてイチイチ立ち止まってしまう場面が何度もあり、不完全燃焼。ただの知的障害者ロリコン映画じゃんとなったし、やっぱりそんな奴に殺し屋出来るの?とか、いろいろ気になってしまった。ナタリーポートマンの一番かわいい年齢の瞬間を堪能できる作品としての評価はしたい。

・デスプルーフ in グラインドハウス - 4.6/5.0 (Blu-ray/2020.5.9)
監督:クエンティンタランティーノ。2007年。めちゃくちゃ面白かった。"THE END"で手を叩いて爆笑する映画がありますか?と言いたい。グラインドハウスというアメリカにあったインディ映画のパッケージ方法のパロディという所謂企画もの。と言うていですが、一切の妥協無くタランティーノが好き放題やっていて最高。ストーリーとかは特に無し。セリフもセックスの話とマニアックな70年代のスタント映画の話。を若い女が大声で延々としているという現実にはなかなかお目にかからないシーンの連続。ですが、そんな意味なんてものは必要なく終始ハイテンションでぶん回すアクション描写と痛快な編集の数々。こういうのが本当にパンクでありオルタナティブだなと思う。最高。強烈な"映画体験"。円盤のジャケットで7割くらい損してるのは間違いない。

・ライフ アクアティック - 3.7/5.0 (DVD/2020.5.8)
ウェス・アンダーソン監督作品。2005年。傑作"ファンタスティック Mr.FOX"の2作前。この辺りからストップモーション的なものだったり、断面図的なセット、徹底したシンメトリー画面など始まっていくのだなぁという印象。"ファンタスティック〜"以降が好きなので、どうかなぁと思っていたが前半はダレたが後半からグイグイと面白くなって最後は結構感動した。男同士の泥試合バディ感を描かせたら素晴らしいなと。ゲイかな?監督。でもやっぱりシニカルなコメディ表現というかピリッとしたコントみたいなノリが好きなのでもう一歩。めちゃくちゃ高い次元の要求ですが。

・KES - 3.7/5.0 (U-NEXT/2020.5.8)
監督:ケンローチ。1969年。代表作(らしい)。家、学校どこにもしっくり来る居場所が無く虚空な日々を送る主人公ビリーが1羽の鷹を見つけ愛情を注ぎながら共に暮らすが...というお話。ケンローチ作品全般的に言える事なのかもしれないが、強烈なシーンや結末だったり、物語の看板になるような"分かり易いシーン(敢えてこう書きます)"が無い分、味の濃さ的なものには繋がらず、無化調の超美味いラーメンを食べているかの様な感覚になる。優しすぎる味。労働者階級の格差だったりいわゆる制度について抗っていく表現が"ケン・ローチの味"で、いつでも優しく丁寧にしかし痛烈に現実に平手打ちしてくれている。仲の悪い兄貴と愛情の中身の無い母親に巻き込まれ、ケスも命を落としてしまうのだがケスの命と一緒にビリーの心もその瞬間死んだのかもしれないなと思った。あの先もきっとしっかりとビリーは生きていくのでしょうけれど強く生きてほしい、と願った。

2000人の狂人(原題:TWO THOUSAND MANIACS!) - 3.4/5.0 (U-NEXT/2020.5.8)
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス。1964年。南北戦争をきっかけに起こるアメリカ南部北部の弔いスプラッターホラー。(終戦)100年祭に北部の人間を連れ込み殺しまくる祭を行う南部の狂人たちを描いた。ゴア描写の元祖という事で期待したがさすがに54年前の作品という事で、まあ。テンポとかね。年数の数字で見ればかなり攻めた描写なのかなという気もするが。カントリーミュージックをはじめ終始ハイテンションで殺しまくるキャラクターたちの完全にイカれた眼が最高。このテンションでザックザックと殺しまくってくれたら最高に面白かったが、仕方なし。オチ("実はその瞬間にしか存在しない場所"設定)も見終わった瞬間は、う~んという感じだったが後から考えたらまあまあ面白かったなあと思えてくる。「ミッドサマー」のネタ元も頷ける内容。他の作品も見てみる。

・レスラー - 3.8/5.0 (U-NEXT/2020.5.7)
ダーレン・アロノフスキー監督。2008年。ミッキー・ローク演じる落ちぶれた元人気レスラーのプロレスラー人生、自分の人生をかけた1戦までを描いた。いわゆる"負け犬モノ(宇多丸Ⓒ)"。ストーリー的にハラハラとかそういう部分ではない部分での魅せ方なので良いとは思うけれど、やはり自分としてはむちゃくちゃ好きかと聞かれると、普通。きちんと【落ちぶれる⇒引退をする⇒カタギの仕事は無理(パッカーン)⇒やっぱりもう一度リングへ...!】、という"負け犬モノマナー"的な段階をしっかりと描いているので入り込みやすく非常に見やすい。とここまでは普通なのだがミッキー・ロークの演技が非常に良く、体当たり感も含めキャラに没入している姿は素晴らしかった。ミッキー・ローク自身にしか見えなかった。そこに点数のほぼ全てを。"ニルヴァーナが出て来て終わった。90sはカス"は良かった。(おばさんストリッパーとの恋()とか娘との軋轢みたいなのはオマケレベル)

 

・パーマネント バケーション - 3.3/5.0 (U-NEXT/2020.5.6)
ジム・ジャームッシュ監督作品。大学時代の卒業制作で作られた。1980年。ジム・ジャームッシュ作品の有名なものを観る前にこれを見てしまったのでなかなか感想が難しいなという様な気もしたが、調べると大体の作風は変わらずらしいので自分には合うか合わないか微妙かもしれない。彼の有名な作品をいくつかは見てみたい。映像は気怠く若者の青春表現としては内容は正しいのだろう。刹那的な美しさもある。ファンタジーよりも実写的な方向性の方が好きなので、この"アンチドラマ"な世界観は嫌いではないが、少なからず映画に非日常を求めている部分が全く解消されず、それ以上にカバーしてくれる何かがあればなと思う。(そういう作家ではなさそう)

 

・ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド - 3.7/5.0 (DVD/2020.5.6)
ジョージ・A・ロメロ監督デビュー作。1968年。デビュー作であり今や当たり前のジャンルとなったゾンビ映画の始まりの一作。"ロメロくらい見とけよ!"という事で鑑賞。2020年に観ているので(52年前!)、映像とか編集などで新しく驚く部分は無いにしても"そうそうこれこれ!こんな感じ!"と誰もが思うようなゾンビ映画のひな型をこの一作で作り切った名作であることは間違いないと感じる。ラストシーンはやるせなさが勝った。助かって欲しかったなあとか思いながら見て、全然めちゃくちゃ普通に楽しんでしまった。他のも見てみたい。

 

現金に体を張れ(原題:THE KILLING) - 3.9/5.0 (U-NEXT/2020.5.6)
スタンリー・キューブリック監督ハリウッドデビュー作。1956年。これまたデビュー作であり"現ナマに体を張れスタイル(宇多丸Ⓒ)"の始まりの一作。"桐島スタイルとか言ってる場合じゃないでしょ"という事で鑑賞。2020年に観ているので(こちらはなんと64年前!)、映像とか編集などで新しく驚く部分は無いにしても、まったく集中力を切らされる事なく最後まで見切ったしなんならラストのオチを見て"かっけええ"と唸るくらいに全然めちゃくちゃ普通に楽しんでしまった。意味の有無を問わせない時系列無視の冴えた編集、丁寧に練られた脚本。各演者の演技も素晴らしい。スタンリー・キューブリック監督の歴史の始まりをビリビリと感じた。すごいぜ。


逆噴射家族 - 3.7/5.0 (DVD/2020.5.5)
石井岳龍(石井聰亙)監督作品。1984年。小林克也演じるサラリーマンの父・小林勝国の家族の心を治す目的のマイホーム購入を機に家族に巻き起こる騒動を描いた。"自分が築いてきた家族"(またはその事象)を愛する余り、勝国は暴走を起こす。我慢の限界の末、家族もろとも破壊しようと決心。何が起きても決意がラストまで揺らがない父とその姿勢に最終的には父を信じ全員で青空の元暮らし始めるという、なんともなお話。家族が小さな村であるように教祖様(父)とその者たちという構成の"家族"というものの不気味さと人類の歴史と続く抗えなさを描いた。様に思う。その大きなテーマの前に"オカシくなった家族のためとは言うが実はイカれているのは父親だけではないのか"というフックもあるのですが、ストーリー自体は"ふーん"という感じ。構成や音響、ブッとんだ表現など、84年でと考えると攻めた内容だったのかなと思う。あくまで"邦画っぽい"、オルタナ映画の様に感じた。話がもっと面白かったら良かった。

・オールド ボーイ - 3.9/5.0 (DVD/2020.5.4)
パクチャヌク監督"復讐三部作"2作目、2003年(「殺人の追憶」と同年)。面白かった。途中までどうかなと思っていたが後半の畳みかけが凄まじく驚きの連続で一気に引き込まれた。画作りや細かい描写に拘りというか熱意を感じられ名作を言われる所以、画面からのパワーを感じる。ラストの"雪原シーンで催眠術師に消されたのはどちらの人格?"だったり、最後のプレゼントボックスに入っていた自分の家族写真のアルバムで"ミドが娘だと気づき絶望する"という復讐のオチがあるが"これってそもそも本当にそうなの?"など、鑑賞後の広がりや議論性も高く、傑作だと思う。ミドの4歳から間15年間のビジュアルのヒントが無いまま"=娘"になるのか?。ウジンが"特に催眠にかかりやすかった2人"と発言していた様に一瞬の沸点を利用したのではないか?。きっと素直に受け取るべきなのでしょうがw。可能性が多い方が面白いですね。犬になり果てるチェ・ミンシクの快演も見事。全体的に役者の演技に情念がこもっており良い。歯ブラシやトンカチなど凶器に"?"となる部分もなくはない。

・ゴーン ガール - 3.6/5.0 (Blu-ray/2020.5.3)
デヴィッド・フィンチャー監督作品。2014年。「ソーシャルネットワーク」がいまいちピンと来なかった(寝ただけだろ!)ので、絶賛されている割には心配していた。結果でいうと微妙だった。回収されていない伏線の多さ、話の都合の良過ぎさ、矛盾点の多さなど挙げていくと色々と出てきて何とも言えない。2時間半と長尺だが最後まで見る事は出来る。後半の種明かしていく所のスリリングさなど話には引き込まれるし割と面白い(し、なんなら好き)のだが、やっぱりどうしても「えーソコってそれでいいの?」的な感想を持つ部分が何か所か増えていくたびに減点法的にこうなってしまった。普通にミステリーというかサスペンスとして面白いですが。ニックの独白インタビューを見てニックへの想いが噎せ返って来てしまうエイミーがニックの元に帰ってからがあれでいいのかなという、そこが一番個人的には微妙なポイントだった。愛情はあくまで自分主観でしか無いかとなってしまう。

・ムーンライズ キングダム - 3.8/5.0 (U-NEXT/2020.5.3)
ウェス・アンダーソン監督作品、2012年。続けて鑑賞。最近ファンになったのでこうやって後を追って作品を見ていくと時系列順でもないし色々と弊害は出てくる。十分に面白いのですが「犬ケ島」「ダージリン急行」と個人的に期待を越えてこない作品が続いたので少し期待値が下がっていたのですが、これは面白い!反抗期のスージーちゃんとこれまた反抗期(もちろん理由は反抗期だけではないのだが)のサム君2人の駆け落ち物語。私の好きなウェス・アンダーソン作品のコミカルさや美しさ、切なさ、シニカルさの合致がハマりまくってます。「ライフアクアティック」と「ロイヤルテネンバウムズ」をまだ見ていないので何とも言えないが、強烈な色彩感覚に加え「ファンタスティック~」でユーモアの一種の方向性が固まってすごいレベルまで一気に押し上ったんだなあという想像。早く他の作品を見たい。

ダージリン急行 - 3.6/5.0 (U-NEXT/2020.5.2)
ウェス・アンダーソン監督作品。2007年。フランシス、ピーター、ジャックの3兄弟が母親に会いにダージリン急行に乗り込みインドを旅するロードムービー。大それた話はないものの、目的も性格もバラバラのおかしな3兄弟のシュールで愛ある旅を綴った。私が好きなウェス・アンダーソン作品とは似ている様で微妙にズレているなと感じながら見たためにこの点数だけれど、それでも十分に面白い。相変わらずセットや小道具の繊細さ、色遣いの豊かさなどは見ているだけで楽しい。今作は特に音楽が良かった。ラストの"オーシャンゼリゼ"のカタルシスやたるや。気怠そうな感じが全編通して充満しており、もう少しパリっとしている方が好み。

 

■見直したもの

ボヘミアンラプソディー (Blu-ray)

・ヘレディタリー/継承 (Blu-ray)

ドッグヴィル (DVD)

自宅にプロジェクターを導入したこともあり、大画面で見たいなとボヘミアンラプソディーとヘレディタリーをBlu-rayで鑑賞。

ボヘミアンラプソディーは久しぶりに見たけど、何度見てもラストのライブシーンにしびれる。

ヘレディタリーは劇場4DXを含めて3回目。大好きな作品だけどさすがにもう当分いいかな。

ドッグヴィルは何回も見るもんじゃない。マンダレイのために見直したが、どちらも微妙。長い。